経済アドバイザー創設「延岡市」ヤマダ電機社長など7人に委嘱へ

Spread the love

(西日本新聞記事へのリンク)経済アドバイザー創設 延岡市 7人に委嘱へ

宮崎県延岡市は、企業誘致など市の経済施策全般について助言してもらう「経済政策アドバイザー」を設置すると発表した。ヤマダ電機社長の一宮忠男氏(55)=同市出身=らゆかりのある7人に、月内にも委嘱する。

市経営政策課によると、任期は原則2年で旅費などを除いて無報酬。首藤正治市長との面会や電話、電子メールを通じて意見交換する。県内では県と宮崎市が企業誘致アドバイザーを設けているが、経済施策全般を対象とするのは珍しいという。

メンバーはほかにファーストリテイリング上席執行役員・大苫直樹氏(50)▽旭有機材工業相談役・岡野徹氏(72)▽国際労働財団理事長・高木剛氏(67)▽パソナ顧問・野村盛厚氏(65)▽グンゼ社長・平田弘氏(63)▽旭化成常務執行役員・水永正憲氏(61)。全員の内諾を得ている。

延岡は念願の高速道路インフラが、福岡と近距離でつながれば、
(12月4日に東九州道 門川~日向IC間が開通しました。)
企業誘致には最適の街となります。
有名な企業の方ばかりなので、期待したいですね。

The following two tabs change content below.
延友会ウェブマスター。 西都市、西南戦争で西郷隆盛が泊まったという旅籠屋跡の古い日本家屋で生まれ、以降延岡育ち。 上京後、現在は東京と宮崎市に拠点。 カラオケ等音楽データサービスやWEBデザインなどデジタルコンテンツ制作の仕事を、かれこれ20年以上続けています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.