神話の巨岩「鬼八の力石」しめ縄飾り-高千穂峡

Spread the love

(西日本新聞記事へのリンク)神話の巨岩 しめ縄飾り 宮崎・高千穂峡

(読売新聞記事へのリンク)鬼八の力石にしめ縄

高千穂峡で28日、神話にまつわる巨岩「鬼八(きはち)の力石」に、
新年を迎える新しいしめ縄が飾り付けられた。
鬼八の力石には、約20年前からしめ縄が飾られてきたが、
年々しめ縄が大きくなっており、今回のしめ縄は長さ約5.7メートル、重さ約20キロ。

ミケイリノミコトが鬼八(きはち)を退治したという伝説の詳細については、
こちらをご覧ください。

ひむか神話街道記事へのリンク

重さ200トンもある石を軽々と投げあったととのこと。


The following two tabs change content below.
延友会ウェブマスター。 西都市、西南戦争で西郷隆盛が泊まったという旅籠屋跡の古い日本家屋で生まれ、以降延岡育ち。 上京後、現在は東京と宮崎市に拠点。 カラオケ等音楽データサービスやWEBデザインなどデジタルコンテンツ制作の仕事を、かれこれ20年以上続けています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.