天下一ひむか桜の会-国土交通省の2016年度『手づくり郷土賞』グランプリ

Spread the love

写真は「コノハナロード」と名付けられた五ヶ瀬川堤防の道です。延岡市恒例の春のイベント『延岡花物語-このはなウォーク』のメイン会場の周りです。
この早咲き河津桜と百万本の菜の花を植え、整備をしているのはボランティア団体「天下一ひむか桜の会(松田庄司会長-延高OB)」です。

このボランティア活動は、延岡高校第13回卒業生グループが、延岡各校の同年代のOBたちに「五ヶ瀬川沿いを花の桃源郷にしよう」という呼びかけから始まったもので、
早春の美しい花の風景が実現し、大きなイベントに育ちました。

天下一ひむか桜の会は、このたび、国土交通省の2016年度『手づくり郷土賞グランプリ』に輝きました。
おめでとうございます。そして先輩方、まことにありがとうございます。
006

The following two tabs change content below.
延友会ウェブマスター。 西都市、西南戦争で西郷隆盛が泊まったという旅籠屋跡の古い日本家屋で生まれ、以降延岡育ち。 上京後、現在は東京と宮崎市に拠点。 カラオケ等音楽データサービスやWEBデザインなどデジタルコンテンツ制作の仕事を、かれこれ20年以上続けています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.